趣味の話、5月前半のライヴ。



STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

レコード屋さんに行く。最初から目当てのものがあればそれを買う。特に探しているレコードがあればそれがあるかもしれない棚を見る。適当にレコードを繰りながら面白そうなジャケットを見つけたら、ミュージシャン、年代を確認して、あとは値段次第で買うか決める。
そして必ず安売りコーナーをみる。興味があってもなくても何と無くとりあえず買ってみることは多い。

家に帰る。買ったレコードを聴く。聴けばループできるポイントを探している。またはワンショットでも何かないか探している。もしそこに完璧なオープンブレイクがなくても、キックひとつ、スネアひとつ、ハットひとつ、コードひとつ、雰囲気ひとつ、あれば全て録音する。

なにかしらをループしてみる。うまく4小節のコード進行が作れるかどうか試す。無理なら2小節でもいい。妥協して1小節でも、まあいい。

やりはじめて、あーこれは、最終的に「何にも」ならないな。と思いはじめる。でも途中でやめられない。カタチにするまでやる。

このキック弱いな。これに似たスネアは既に100個くらいある。こんなありきたりなハットは1000個以上持っている。そして、どうせ使わないとわかっていても録音して保存する。

一日が終わるころには、達成感よりも、虚しさでイライラしている。ワタシはいったい何をやっているのか。

でも、これは癖だし習慣だ。やめられないし、とまらない。困った。

と、いうわけで、これらを「趣味」と定義付ける。プロフィールの趣味の項目が空欄のままだった。ちょうどいい。趣味だ。

ワタシの仕事は「音楽制作」です。
ワタシの趣味は「ループ作り、及び音の端切れ集め」です。納得。

******************************

さてさて
5月3日から7日まではマヌコーヒー・クジラ店にて『waver pop-up shop』。
6日にはライヴもします。


https://www.facebook.com/scof75

そして
5月12日は鹿児島県の鹿屋へ。うどんを食べに、、、じゃなくてライヴをしに行きます。すごい…半年経たずの「鹿屋ライヴ」っ。ツチヤさんありがとうございます。サタデーナイト。


https://www.facebook.com/tsuchiyakouji

それからそれからその翌日。
5月13日は鹿児島市内でライヴです。会場は2年前にもライヴをした『Recife』。時間も早めの15時スタートっ。サンデーアフタヌーン。

https://www.recifetereza.com/contact

『waver pop-up shop』 in Fukuoka

『波よせて』7インチ発売日以降、ワサワサした毎日を送っていて、どうにも落ち着きがなくなっています。
そんな時、シンヤスタさんのブログを読んで、「あ、ぼくもブログ書こう」と。

思えば15年くらい前には毎日ブログ、というか「日記」を書いてHPにアップしていました。どんなに短くても。必ず。
写真は無し。文字面のみ。
まわりも結構ブログのページ持っている人が多かったし、それがきっかけで話すようになった人もいます。
シンヤスタさんがそう。

最近はブログを書くことも稀になってきて、それは他にツイッターとかインスタグラムがあるから、というのもあるけど、それもボンヤリしていると何も「呟いたり」「写真撮ったり」してないことに気がついて、ただただ飽きているだけなのかな。

『波よせて』7インチリリースを発表してから、ある程度は予想していたけど、別の意味で『とても不思議な気分』になっているわけです。
その仔細な部分は『TOUR 波よせて -waver- 2018』が終わる夏になったらうまく言えるようになると思います。

さて、もうすぐ5月です。
『Waver pop-up shop』at manu coffee クジラ店。
5/3から5/7までの開催です。

info

**********************

2018年4月16日「Platform5」発売されてから21年目の日に、
Small Circle of Friends 1997年の2nd アルバム「Platform5」から
7インチ・レコード『 波よせて – waver – 』リリースします 。

それに合わせ、SCOF、diti、manu coffee、共同企画 。
“waver pop-up shop” を 「manu coffee クジラ店」にて開催です 。

『波よせて – waver』7インチ・レコードをはじめ、
「波よせて」のアイコンをgoods & clothesで展示販売いたします。
この期間限定の manu coffee『 波よせて-waver- 』 スペジャルSET 。
diti と SCOF のコラボグッズを企画します。

そして今期の「75clothes」の 2018 exhibitionを同時開催です。
今期はサツキの手仕事作品と画家nanaとの
コラボレーション作品が登場します。

5月6日にはフリーライヴをします。
午後のまだ明るい時間から
老若男女、チビッコからベテランまで、
「音と服と珈琲のある5日間」を、
どうぞお楽しみください。

●info: manu coffee 092-707-0306

*********************

『波よせて』T-Shirts 。

『Over Your Shoulder』T-Shirts もアリマス。


ワタシです。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

『波よせて・7インチレコード』を作ったことについて

4月か。
そうか・・。

昨日発表した『波よせて』7インチ・リリース
ジャケットの色合いもなんだか「春」を感じられて気分が良いです。

『波よせて』今7インチで出すにあたっていろんなこと思い出したり、考えたりしている事を「セルフライナーノーツ」としてまとめました。
それをこのブログでも・・。

********************

「波よせて – waver」セルフライナーノーツ
1997年4月16日。Small Circle of Friendsの2ndアルバム「Platform 5」リリース。

このアルバム制作時、私達はまだ福岡に住んでいました。そんな中にあってレコーディングの大半は東京で行われ、プロデューサー松浦俊夫(ex United Future Organization)松浦さんの元、プリプロダクションを松見坂の”Brownswood Studio”にて。レコーディングは青葉台の”Think Sync Studio”、ミックスダウンは六本木”Magnet Studio”で進行しました。もう今は3箇所とも存在していません。

「Platform5」には、その半年前に先行マキシシングルとしてリリースした『Never Never Land』も収録されていて、『波よせて』に至っては、あくまで “アルバムの中の一曲”として制作されています。しかも「Platform5」のリード曲はPVも制作された『Love Potion No.5』でした。

『波よせて』のトラック制作について。ドラムはE-mu SP1200でサンプルしたものを、Akai MPC60でシーケンス。Kalimbaのループや後半のシンセフレーズはMPC60でサンプリングしています。そこへ当時SCOFのKeyboard&Guitar、及びProgrmming、Arrange担当の冨田さんがストリングスパッド、そしてあのギターループを録音しました。

曲が完成し、松浦さんから「良い曲できたね」と握手を求められ、自分達も満足感に包まれていても、やはりなお『波よせて』は”アルバムの中の一曲”です。

そして、1997年春。「Platform 5」はリリースされることになります。CDと同時にレコード2枚組で発売しました。

アルバムリリース当初はちょっとだけ気分が悪かった記憶…。好きだった雑誌のインタヴュアーから酷評されたり、信頼しているオーガナイザーから聴いていると恥ずかしいと言われたり。つまりどちらも「丸くなった。ポップになった。」という意見。

当然、混乱したし、悲しくもなる。私たちは最初から何かを意図することなく、カラダが進むままに作っていたつもりだったから。ただこのことからその後の活動に必要な大事な事を知りました。

「他人の言うことは気にしない」。

「Platform 5」リリース後、ちょうどマーキュリーレーベルとの契約終了が決まっていたせいか、プロモーション自体は緩やかなものでした。大半は福岡に居て今後の事を考える日々。このまま福岡に居るか、それとも東京に引っ越すかとぼんやり。だけども、まあ悩ましい時代です。

そんな最中、周囲から「『波よせて』いい曲だね。」と言われることが多くなりました。当時ラジオ番組を一緒にしていたディレクターから「ついにすごい曲作っちゃいましたね」と言われ、アズマはたまに店番していたレコード店店主から「スタンダードだよね」と言われ、参加していたパーティーの他のDJ達から「あれ俺のことっすか?」と言われる。サツキも同様のこと…。

レコードもリリースしていたから、クラブで良く掛かっているよ、という話も聞くようになりました。でもスモールサークルオブフレンズの事はあまり知らないけれど、『波よせて』だけは知ってる、という人が案外たくさんいたように覚えています。

はじめて会った人から「あの曲どうやって作ったんですか?」と尋ねられたり。

そして「ある映画」の導入曲としても使用されたり。

何人かの人たちがライヴでカバーをして歌っている事を知り。そのいくつかのライヴを実際見たり、何バンドかのミュージシャンがカバーをし、リリースもされています。

そのあいだ、私たちはずっと不思議な気分でした。
自分たちでは、その曲だけを特別にアピールしているわけでもないのに、聴いた人たちはそれぞれに「大事な曲」としていろんな想いをこの『波よせて』に持っている。たまにそんな「想い」に圧倒される時もあるのです。

ただライヴで歌っていると「いい曲だなコレ」と、しみじみ感じる事はあります。

「波よせて」の20年が経ちました。
そして、『波よせて』に対する、私たち自身からの初めての「アクション」が、「7インチ・レコードをリリースする」。

実際にマスターテープをユニバーサルミュージックから借り、マスタリングを行い、作り直したい、歌い直したい衝動をぐっと抑え、最小限のエディットを施し、EQと音圧をかけます。そしてカッティング工場へ出向きラッカー盤に刻まれていく様子を眺めるのでした。そんな全ての過程で、いろんな事を想い出しています。書いている今も。

いつものように7インチ・レコード『波よせて』のジャケットを新たにサクラダさんに依頼します。デザイナー・サクラダさんとの「問答」も25年続いているけれど、さてどんなジャケットになるのだろうか?楽しみ、そして多少いぢわるな気持ちで待っていたら・・・おお。

”波よせての少年” のスピンオフ・・『カモメに乗りたガール』。

旅はまだ続いています。

Small Circle  of Friends

*********************

予約はコチラから。

コーヒーを飲み時にちょうどいい

昨年。2017年の初夏に『Coffee Shop Card』というCDアルバムを作った。

きっかけは、どこかのカフェでぼんやりコーヒーを飲んでいる時に
「コーヒーを飲む時、掛かっているビートのちょうど良いBPMはどのくらいだろう?」
と、考えたことから。

筋が通っているのか通っていないかわからないくらいに強引なコンセプトから
「BPM85以下」と答えを出す。

そんなものは人それぞれだし、そもそもコーヒー飲む時に音楽聴いたり、しかもニッチなインストビートに限定される世界ってなんだろう。

とか言い始めるとキリがないので、さっさと作ってしまう。

しかも、今まで行ったり飲んだりしたことがあって、個人的にもお話しをしたり、面識があったりするコーヒー屋さん、喫茶店、カフェ、焙煎屋さん、映画館、、、30店舗の名前を借りて、それぞれのイメージに合わせて、各ビートのタイトルとしました。
30杯のコーヒーに30個のビートを。

ありがとうございます。

そして、去年の間にCDも無事売り切れたので、
今年、2018年2月にBandcampでリリースしました。
しかも更に8つのお店の名前を借りて。
ハンバーガー屋さんもあるし蕎麦屋さんもあるし。

38杯のコーヒーと38個のビートを。

タイトルも『Coffee Shop Card Deluxe』。
と、デラックスになりました。

https://scof75.bandcamp.com/album/coffee-shop-card-deluxe


ひとつひとつのお店には思い入れがあるので、一曲づつ(一杯づつ)解説をしたいのです。

そのうちそのうち。

冬から春へのその隙間

特に何もしてなくても時間だけは進んでいくので、目は瞑りながら、振り落とされないように、とりあえず吊り革一個だけ掴まっとかなくちゃいけない。
もう春です。

2週間前くらいに油断したのか風邪をひいた。ちょうど休日だったのでずっと寝ていた。20時間くらい。そうするとなんとか復活する。
今度は喉と鼻と目に膜が掛かったように「もんまり」とする。花粉症かな?

そんな時に名古屋へライヴ。

とても楽しいライヴでした。
歌うワタシ。

カワムラさん、皆さん、ありがとうございました。

名古屋から帰ってきた翌日結膜炎に。ほぼ初めてのことだったのでちょっとビックリしました。
やばいな、と思い近所の病院へ行ったら終了時間過ぎていてその翌日は祝日でお休み。両目真っ赤。とりあえず安静。すると2日で自然と治ってしまったのでよかったよかった。

さあ、いろんなことが待ってる。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

窓がふたつ

去年のある日 タカギリョウくんに写真をいろいろ見せてもらっていて、そのなかのひとつが気に入ったのでくださいと言ったらくれた写真。

額にも入れず気ままにあちこちに立てかけているのだけれど、そこにもうひとつの窓があって外の様子がこの風景だ。そんな気になります。良い気分。
ありがとうリョウくん。

タカギリョウさんはこの写真シリーズを撮ったひと。

リョウくんの写真に限らず、部屋にいろんなものが転がっていて、整理整頓しなければ、と思っているけれど、そこでしまっちゃったら現在進行中の思考も途切れてしまう。という思い込みがあるので、とりあえずそのままに。が多い。

コンピュータのデスクトップも、「デスクトップが整理されている人は思考も整理されていてぐっと効率的」といわれているが、その真逆である。いろんなものが画面上にゴロゴロしている。フォルダに入れていない音データや画像データがあちらこちらに散らばっている。

話は飛躍するが酒の飲み方も最近とっ散らかっていて、居酒屋などではとにかくいろんな種類のお酒を飲みたい。俗に言うチャンポンです。

昨日もサクラダさん、サツキ&アズマで「2018年のSCOFデザインミーティング」後、サクラダさんとふたりで飲みに行ったのだけれど、ビール→日本酒→ホッピー→日本酒。である。

・・あれ。この順番そんなに変じゃないな。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

初ライヴ

おそらく去年の年始最初のライヴも渋谷『OTO』&「coup d’État」の周年パーティーだったと思う。なんだかもはや我々SCOFにとって年の始めの慣例行事的存在となっている。お参り行く代わりにライヴする感じ。

今年もこのケーブルの束を掻き分けながらライヴするのだ。これなんとかならないかな。いいかげん「まとめる」とかした方が良いのかな。それかライヴ専用ジェラルミンケースとかを作って開いたら即ライヴ出来るとかしたいけどきっと重いよな。マッキーのミキサーもう調子悪くなってるじゃないかよ買い替えだ。

今年もとても楽しいパーティーでした。このカウンターの端からフロアを眺めるのが好き。オチアイさんとおしゃべりしながら。

毎年この日だけは「ハイパーDJ」になるナカムラくん。なにがハイパーかというとなんでしょうね気持ち的なことかしら。元気過ぎる感じ。面白い。

もっと詳しい「ハイパーナカチャン」はこのインスタグラムで。わはははははははは。

『OTO』への最寄りの渋谷駅出口。16B。エスカレーターの感じ、ワクワクしますね。



オチアイさん、そしてナシモトくん。どうもありがとうございました。2018年も良い年になりそうです。
そしてナシモトくんの2月リリース予定の曲、かっこよかった。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

2018年になりました

年々「正月」が好きになる。
「年末」はなんだか寂しい感じがしてヤだけれども、ピーンッと時計の針が0時を超えると、それだけで安心して心和む。

今回の年越しは『Bar Music』にて。去年はBarMusic~Musicanossaでリリース2つあったし、今年もまたいろいろ計画があるので、もはやSCOFの「ホーム」の一つですね。しかもかなり重要な方の。
カウントダウン時にはクラッカーを一発。2018年、BarMusic & 照子さんに幸あれ。「くる皿」は結果3枚。

Bar Music 2017

2日には安藤家の新年会にお邪魔して、楽しい時間、美味しい料理、お酒をたらふく堪能して、ほんとにありがたいな、と赤ら顔でフワフワ、ニヤニヤしていました。

3日は「Bar Music 始め」で小林径さんのDJを聴きながら、照子さんに会ってニヤニヤ。

その合間には蓮尾家からの「正月」をちびりちびりと。

ほんとにうまいなこの正月(東洋美人)は。
で、まあ、5日くらいまでこの調子でヘラヘラと過ごしていたわけです。最高だな正月って。

*********************

Small Circle of Friends 11枚目のアルバム『Silence』。
Spotify、他ストリーミングにあがりました。

********************

さあ、そろそろ動きましょう。寒くて泣きそうだけれど。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

靴下の組み合わせ

微妙な色違いの靴下2足があります。そして2ヶ月くらい前にその靴下を履いていて、「・・・・あれっ?右と左、違う色だ!・・。・・でも、パッと見た感じだとわかんないよな・・。」
ということで、その後一度も正しく右左同じ色になることなく、今年が終わろうとしています。

今回もカイさんが作ってくれた 『門松リース』でクリスマスから正月を過ごします。幸せ。

今年、2017年はどんな年でしたっけね。

実際には色々あったのだけれど、どの記憶もずっと前だった気がして、「この間だよ」な感覚になりません。
Summer Song EP』も『Coffee Shop Card』も去年くらいの感じです。

でも今年なんだよな・・。
『Over Your Shoulder』はさすがに10月なので今年の感じある。

今年になってからの自分自身の変化は、ナッツ類とくだもの類が好きになったことです。食の好みがちょっとだけ変わりました。
こういう変化は面白いです。
たとえば音楽の好みもグラデーションを描くように変わっていったり、ただ単純にミックスでのバランスの取り方が10年前と全然違うことに気づいたり。そういう「自分遊び」がニヤニヤするくらいに好き。

さて来年、2018年はどういう年になるでしょうかね。

とにかく今、思うのは、「もっと音楽作りたい」です。これは年々その希望が強まっていっています。「アレもつくりたい、ソレもつくりたい、もっとリリースしたい、もっとライヴしたい」。そんなことばかりおもっています。そして自分の中にまだ何か自分の知らないことがあるんじゃないかと、あるもの、こと、に対して自分の反応がいかがなものか?を測るのが楽しくてしょうがないです。本を読んでて読み終わったあとに「これ読まなくてもよかった本だ」とゴミ箱に投げすてる爽快感を面白がっている。

今回の年越しはBar Musicで過ごします。「ゆく皿」の準備しました。

「くる皿」はどのくらいあるかしら。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

ブラックフライデーとサイバーマンデー

ブラックフライデーとサイバーマンデー。
よくわかっていないのだけれど、とにかくプラグインが安くなる期間、ということだけ知っている。

11月の終わりから徐々にメールでのお知らせが増え、ネットの横っちょ端にもプラグインメーカーの広告がズラリ。買ってね、カッテネ、と。

そうするとやっぱり気になってアチラコチラを見て回るのですが、どうにもわからない。そんなときにはやはりDJ Oniさんのブログを見よう。ココを参考に2つ買いました。

その流れでいろんな他のプラグインの情報をYouTubeに流れているチュートリアルなどで知るようになったりして、あぁ〜 コレあったらアレができるな、とそれも買ったりして、なんやかんや短期間のうちにプラグインエフェクトが増える。

そしてそれを実際に使ってみて加減などをためしていると、ここ1年で使っていたルール、テンプレート、作業の流れ、などが一度リセットできてそれは良いことだと思います。

どうしても、ある程度は「やりくち」みたいなのができてしまって、それは作業の効率、スピードにとってはある程度必要なのだけれど、見過ごしてしまっていることも多い。

この機会にもう一度、馴染みのエフェクトの使い方も検証したりして、そうしてまた次の1年のためのテンプレートを作り直します。

しかし、12月の頭がProToolsのサブスクリプション更新時期なのだけれど、どうしてAvidのサイトはややこしいのか。毎回オタオタしてしまう。そしてちょっとだけダマされた気分になる。
・・・。
おやつ、とコーヒー、プリーズっ。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)