荷物の問題。そして、鹿屋、鹿児島、周南ライヴへ。

ライヴに出かけること。イコール、荷物。である。

一泊ならば、まあ楽勝。二泊でも余裕余裕。

しかし一週間、もしくはそれ以上になると、荷物、荷物、考えることは、「荷物」である。

運ぶものは、ライヴ機材。CDやTシャツ、その他諸々のいわゆる物販。ライヴ時に着るものも含めた着替え類。歯ブラシやら洗顔、シャンプー、化粧水、乳液、爪切り、髭剃り、、、ちっ・・。あとはコンピュータやmidiキーボードなど。書いているだけで疲れる。

いったいどのくらいの量、そしていざという時に必要なもの、を持っていくべきか否か。出かける前にはいつも悩むし、大概予想ははずれる。今回もまず着替えを多く持ってきすぎた。パンツ一つ、靴下一足。そのくらいなら「たいした容積ではない」という考えのもと、ポイポイっとカバンに入れてしまう。しかし、その「たいした容積ではない」ものが増えていくと、それはもう「たいしたことありすぎだよバカヤロ」に簡単になりやがるのです。

今回持っていくかどうか迷ったのは、ヘッドホン。とmidiキーボード。旅先でもコンピュータがあれば作業できる。と思いきや疲れ切ってやる気がおきない。もしくはそんな時間はない。なのですが、持ってきといて良かった。今回に限っては当たりでした。難しい。予想は難しい。

最近では、ある程度は輸送に頼るようになって、ツアーの最初の場所に前もって送らせてもらったり、ライヴが全て終われば機材や着替えを中心に先に輸送してしまう。行き帰りが少し楽チンになる。それでもツアー中、あちらからこちらへ、こちらからあちらへ。ゴロゴロ。ズルズル。引きづりながら移動。電車に乗ってても、ゴハンを食べてても、頭の片隅には、いつも、荷物。

だから、気分が開放されて、しかも一番リラックスしているのは、ライヴをしている時。

*********************

よしっ、気分良くライヴ行ってみよう。

明日、鹿屋
明後日、鹿児島

そして来週。5月15日は周南『シネマパラノイア』

ライキくんをはじめ山口の皆さんにはじめて会った場所。
『シネマパラノイア』。
何度もライヴしたことあるのに
なんと10年ぶりなんですって。
スゴイ。

★2018/05/15(TUE)
「波よせて – waver リリースツアー」
Small Circle of Friends LIVE & scof75 shop
at CINEMA PARANOIA (周南)

●LIVE: Small Circle of Friends
●物販: waver pop-up shop

●OPEN: 18:00
●LIVE START: 19:00頃

●ticket : 予約:2500円+1drink order PLEASE.
当日:3000円+1drink order PLEASE.

●info: CINEMA PARANOIA
山口県周南市新町2丁目29 PHビル2F
0834-21-2435(注:19時頃からOPEN 日曜休み)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【チケット予約】下記にて予約受付中です。
■CINEMA PARANOIA店頭■
■電話予約■
0834-21-2435(注:19時頃からOPEN 日曜休み)

■メール予約■
タイトルへ「waver0515周南予約」
本文へ「お名前」「枚数」「電話番号」
をご記入のうえ、下記アドレスへご送付ください。
hasuoraiki75@gmail.com
予約受付を完了した旨、メールにてご返信致します。

************************

鹿屋、鹿児島、そして周南。
ワタシの「荷物」から開放された姿をゼヒ。

福岡waver pop-up shop 終わる。 波よせてツアー鹿児島へ。

福岡。manu coffee クジラ店waver pop-up shop』終了しました。
ありがとうございました。

 

この『SCOF 刺繍オリジナルマーク Tシャツ』。
diti モリモリくんとのエクスクルーシブです。
欲しい・・。
これはサンプルなので続報を待つ・・。



5日間薬院駅の裏路地に通う。途中ライヴもして。いろんなヒトに会って。コーヒー飲んで。BGMとして『Over Your Shoulder』を繰り返し聴いて。いろんなヒトと話をして。またコーヒー飲んで。なんだかいろいろ考えることができました。

***********************

さあて、次は鹿児島県でライヴを2本。すげー。

5月12日の鹿屋。ツチヤさんリクエストで、特別にSTUDIO75 Live Set もします。

「波よせて – waver リリースツアー」MUSIC BASE labo – 僕たちはこの街を変えることができない。
at Cafe&bar Balearica (鹿屋)

●OPEN:20:00-

●Live: Small Circle of Friends & STUDIO75

●DJ : SHU
H△ma a.k.a Fumi
TAKESHI
HIROSHI
tsuchiya kouji ( 土屋耕二)

●Shop: 『波よせて – waver』7インチ・レコードをはじめ、
「波よせて」のアイコンをgoods & clothesで展示販売いたします。
アナログはもちろん、初の『波よせて』Tシャツ
最新AL 「Over Your Shoulde」も!

●ticket : ad ¥2000( 1D) /

●info: Cafe&bar Balearica 0994-45-5653

*****************

そして5月13日は鹿児島市内。ケイティくんをはじめ「otov」の皆さんよろしくーです。

TUOR 波よせて- waver-2018 in kagoshima

■2018.05.13(sun)

@recife & TEREZA

■TIME 15:00〜21:00

□special guest LIVE
Small Circle of Friends

□guest LIVE
コジマサトコ

□DJs
k;tea / 濱田 隆文 / Harvey / Aki / Iwakiri Yushi /
Akiomi / GOL

もちろんShopもします。





鹿児島のみなさん2日間よろしくお願いします。

*********************


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)


趣味の話、5月前半のライヴ。



STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

レコード屋さんに行く。最初から目当てのものがあればそれを買う。特に探しているレコードがあればそれがあるかもしれない棚を見る。適当にレコードを繰りながら面白そうなジャケットを見つけたら、ミュージシャン、年代を確認して、あとは値段次第で買うか決める。
そして必ず安売りコーナーをみる。興味があってもなくても何と無くとりあえず買ってみることは多い。

家に帰る。買ったレコードを聴く。聴けばループできるポイントを探している。またはワンショットでも何かないか探している。もしそこに完璧なオープンブレイクがなくても、キックひとつ、スネアひとつ、ハットひとつ、コードひとつ、雰囲気ひとつ、あれば全て録音する。

なにかしらをループしてみる。うまく4小節のコード進行が作れるかどうか試す。無理なら2小節でもいい。妥協して1小節でも、まあいい。

やりはじめて、あーこれは、最終的に「何にも」ならないな。と思いはじめる。でも途中でやめられない。カタチにするまでやる。

このキック弱いな。これに似たスネアは既に100個くらいある。こんなありきたりなハットは1000個以上持っている。そして、どうせ使わないとわかっていても録音して保存する。

一日が終わるころには、達成感よりも、虚しさでイライラしている。ワタシはいったい何をやっているのか。

でも、これは癖だし習慣だ。やめられないし、とまらない。困った。

と、いうわけで、これらを「趣味」と定義付ける。プロフィールの趣味の項目が空欄のままだった。ちょうどいい。趣味だ。

ワタシの仕事は「音楽制作」です。
ワタシの趣味は「ループ作り、及び音の端切れ集め」です。納得。

******************************

さてさて
5月3日から7日まではマヌコーヒー・クジラ店にて『waver pop-up shop』。
6日にはライヴもします。


https://www.facebook.com/scof75

そして
5月12日は鹿児島県の鹿屋へ。うどんを食べに、、、じゃなくてライヴをしに行きます。すごい…半年経たずの「鹿屋ライヴ」っ。ツチヤさんありがとうございます。サタデーナイト。


https://www.facebook.com/tsuchiyakouji

それからそれからその翌日。
5月13日は鹿児島市内でライヴです。会場は2年前にもライヴをした『Recife』。時間も早めの15時スタートっ。サンデーアフタヌーン。

https://www.recifetereza.com/contact