ブラックフライデーとサイバーマンデー

ブラックフライデーとサイバーマンデー。
よくわかっていないのだけれど、とにかくプラグインが安くなる期間、ということだけ知っている。

11月の終わりから徐々にメールでのお知らせが増え、ネットの横っちょ端にもプラグインメーカーの広告がズラリ。買ってね、カッテネ、と。

そうするとやっぱり気になってアチラコチラを見て回るのですが、どうにもわからない。そんなときにはやはりDJ Oniさんのブログを見よう。ココを参考に2つ買いました。

その流れでいろんな他のプラグインの情報をYouTubeに流れているチュートリアルなどで知るようになったりして、あぁ〜 コレあったらアレができるな、とそれも買ったりして、なんやかんや短期間のうちにプラグインエフェクトが増える。

そしてそれを実際に使ってみて加減などをためしていると、ここ1年で使っていたルール、テンプレート、作業の流れ、などが一度リセットできてそれは良いことだと思います。

どうしても、ある程度は「やりくち」みたいなのができてしまって、それは作業の効率、スピードにとってはある程度必要なのだけれど、見過ごしてしまっていることも多い。

この機会にもう一度、馴染みのエフェクトの使い方も検証したりして、そうしてまた次の1年のためのテンプレートを作り直します。

しかし、12月の頭がProToolsのサブスクリプション更新時期なのだけれど、どうしてAvidのサイトはややこしいのか。毎回オタオタしてしまう。そしてちょっとだけダマされた気分になる。
・・・。
おやつ、とコーヒー、プリーズっ。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

マスクつける

11月の終わり頃から12月の頭くらいまで、風邪気味だったもので、外出するときはマスクをしていた。マスクは苦手である。苦手というか「へたくそ」である。

マスクつけて歩きはじめると10分もしないうちに鼻息やら鼻水やら涎やらでベロベロになってくる。きたないですね。これは何故だ?「皆さん」は一体どうしているのだろうか。平気なのだろうか。やり方を教えて欲しい。というわけで、結局マスクをはずしてしまう。

でも良いところもある。不精ヒゲを隠くすことができる。 これはラクだ。

12月16日はメトロクライドの日。
Metrockride

前回11月17日の『STUDIO75 Live Set』をちょっとだけ。
1
2

リップノイズ取る

もしその曲がインストルメンタルではなく、なにかしらヴォーカルが録音されたものであれば、ミックスの時には必ずリップノイズを取る。例外なく。何本ボーカルトラックがあったとしても。

しかもかなり細かくやるので時間も掛かる。MIXの作業の50%をヴォーカルのノイズを取る作業に費やすこともある。それほど気になるし、許せない。でも取れない場合もある。サ行の森に紛れ込んでいたら一生探せない。

理想はこんな状態で「発見」した時だ。

わかりやすい。これならサササッとペンシルでまっすぐに均してdone。

当初、SCOFのレコーディングもミックスダウンもスタジオでエンジニアの元で、アナログ24chだのデジタル48ch、はたまたADATでの作業だった。その場合リップノイズを消すのは難しいことだった。こちらにできるのはなるべくリップノイズを「出さないこと」「目立たせないこと」。そのためになるべく大きな声で歌う。

でも小さい声で歌いたいときだってあるわけだし、囁き声が曲のイメージに合うのであればそうすべきだ。そしてリップノイズに妥協する。しょうがないじゃないか。

そして今、自分でレコーディング、ミックスをするようになった。来た。「リップノイズ」取り放題だ。Logicを使っていた頃はちょっと苦労したが、Pro Toolsになってからは更に「リップノイズ取りゲーム」は加速。ず〜っとやってる。もし、リップノイズを取るアルバイトがあればやりたいくらいだ。

最近は「リップノイズ取り」に「サ行をクリップゲインでちょっと下げる」作業が加わって更にボーカルの波形と向き合う時間が増えた気がする。でもタイミングは絶対に変えない。・・・。ピッチは多少変える。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

Blue Cafe のこと。

12月9日の土曜日。半年ぶりにブルーカフェが開催される。18周年だ。キャプションに書いてあったのだが1999年にスタートしている。「18周年」と言われると、そんなもんか、とも思うが「1999年」という確実に存在していた「その日その時」を知らされると、ドキっとする。マジかよ。

SCOF HP
SCOF FB

正確には90年代頭に下北沢のスリッツにて三谷さんが「Blue Cafe」を主催していたので、このオルガンバーでの『Blue Cafe』は第2期ブルーカフェということになるのだが。

毎回なにかしらライヴをブッキングしていたし、ブルーカフェ自身でも12インチレコード6枚、アルバムCD1枚をリリースをした。



7インチレコード -buy-)

18年は長い。いろんなことがあった。そしていろんなことを忘れている。オルガンバーの雰囲気、内装はほとんど変わっていない気がする。三谷さんと鈴木さんは変わらず烈風吹くごとくレコードを探しまわっているようだが僕は昔と変わらず浜辺に打ち上げられる海草を拾っている。いろんな人がやってきて、いろんな人がどこかへいった。元気にしてたらいいな。

12月9日はサブタイトルに -ブルーカフェ三人会 Back2Basic- とある。それが何を意味しているのか。もちろん我々Small Circle of Friendsのライヴもあるし、大倉智子さん、伊藤ヒロキくんだってDJをする。それでも「三人会」である。12月10日の朝6時くらいに重たいレコードをヒーヒー言いながらくれたけビルの3階から降りる三人が笑顔でそれぞれの家路へと急ぐさまを想像する。

晴れたらいいな。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

音データの棚卸し

もちろんやらなきゃいけないこと。進めたい事案。ふんわり締め切りが迫っている提出モノ。作りたい曲のアイディア。いっぱいあるのだが、それでも「とりあえずそれらを置いときたい」。つまり何もしたくない。

そんな時は音データの整理をする。俗に言うライブラリー作り。PCの中のフォルダーや外付けハードディスクを巡回し、必要ならば新たなフォルダーや「Geist」のエンジン(Geistではmpcのプログラムにあたるところをエンジンとよぶ)にまとめる。

その作業は音楽制作と直結しているわけではないし、別にやらなくても良いことなのだが、僕は結構好きだ。テスト前日の部屋の模様替えくらい好きだ。

あぁ、こんな音もあったな。とか。こんなにたくさんオープンブレイクあるのならもう別に探さなくてもいいんじゃないか。とか。この音いったい何度使ったんだろう。とか。

いろいろ想いながらカチカチ、ドラッグ&ドロップしているのは、何も生み出していない割り切った気分で落ち着きます。

それはゴルフする人が道具を磨いたりするのと近いのか。もしくはレコードをABC順や一定の法則で並べるとか。

これに近いことに、midi機器が全部繋がっているか。midiチャンネルの確認を今一度。が、ある。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)