DMRの隣の5階

渋谷へ。
『スタジオ』でミヨシさんとサツキさんと
待ち合わせ。
「夕焼けの歌」のPV撮影ってもう一年前なんだあ
とか
最近全然走ってなくて落ち込む
とか
その帆布のジャケットかっこいいですね
とか
そういう話をしつつ
ちゃんと仕事の話もしましたよ。
『彼』のPVね。
ところで『スタジオ』のコーヒーは美味しい。
マシーンスタイル。
安いし。

N75

渋谷でサツキさんとノリチカさんに会う。
久しぶりに『カフェアプレミディ』へ行く。
ちょうど窓際に座ったのだが
目の前のビルが気になってしょうがない。
オフィスが多いようだが
どうやら住んでいる人もいるらしく
一体どんな輩がお住まいなのでしょうか

いやらしくもジロジロ盗み見ていました。
フヘヘヘ
今日はあいにくナカムラくんはお休みの日。
カフェアプレミディのスタッフは
DJ、もしくわミュージシャン
だと思ってまづ間違いないでしょう。
・・たぶんね。

免許は当然AT車限定

サツキさんとサクラダさんとリサちゃんに会う。
全くもって久しぶりだ。
でも久しぶりに会ってもよそよそしくならない。
それはとても素敵なことです。
『マングローブ』でお茶をする。
ここのコーヒーとか紅茶って
おかわり自由なんですね。
そうなると途端にガブガブと
飲み散らかしに掛かるオレは
そうとうなもんだドンナモンダ。
コーヒーでゲフゲフなりながら
皆で居酒屋『花しずく』へ。
ソバ焼酎ソバ湯割りを啜りながら
タマゴ焼きやみそカツやナスの炒めものや
もろきゅうやカキフライやポテトサラダ
なんかを食べる。
ソバ湯にどんな作用があるのか知らないが
焼酎2杯であっという間に酔っ払う。
緊張が緩んでいくのがわかる。

宿酔いではありましたが

世田谷に現れたシュウジロウくん。
そこが一瞬南区に見えた。
今日はサツキさんとアズマに彼がインタヴューする。
ビンゴボンゴのHPに載るそうです。
また後日リンクしますね。
アイスコーヒーが美味しいパン屋さん併設のカフェへ。
土曜日のお昼という事でお客さんイッパイ。
きっと幸せもイッパイ。
そんな中でインタヴューは進む。
お店の人に見つからないように
テレコを隠しながら。
でもお互い最近会っても
バタバタしている現場ばかりだったので
じっくり話す良い機会でした。
・・・。
あ、シュウジロウくんに
アイスコーヒーの味の感想聞くの忘れた。

7年前って何してた?

20:30
サウンドチェックの為、サツキさんとオルガンへ。
既にサノくん、イトウくんが来てた。
そこでの会話
「マックに続いてスタバも値上がりするらしいっすよ」
「へ~マックって値上がりしてたんだ」
「しかし20円、30円の値上がりって微妙なところですねえ」
「そうだねえ・・で、ドトールはどうなの?」
「それはこの話とは関係ないんじゃないですか(苦笑いしながら)」
・・・。
ナゼだっ
ナゼっドトールは関係ないんだっ??
23:00
自宅にて散髪。
3ミリにするか6ミリにするか迷う。
冬だから
の理由で6ミリに決定。
0:30
オルガンへ再び。
シュウジロウくんが居る。
なんだか不思議な風景の出来上がり。
その人が居るだけで
磁場が動くような事ってたまにアリ。
この気持ちを伝えるのって難しい。
4:00
久しぶりに会ったカジくんから
しきりに「なんか疲れてますねえぇ~ヘヘっ」
と言われる。
そうか
そんなに疲れた顔してんのかオレは。
全然疲れてないよと答えつつも
あんまり言われてるとそんな気になってくる。
5:00
たて続けに5回くらいショット攻撃を受ける。
おそらく今夜は計10回くらいだろうか。
とりあえず来るもの拒まずがモットー。
でもその耐久性は年々確実に弱まっている。
6:30
気づいたらもう誰もいない。
アズマも帰ります
サノくんとイトウくんに一緒に帰ろうよ
と甘えてみるが帰る方向が全く違う。
ちょっと酔っ払ってるよオレ。

ジャムサンドクッキー

無印に例の
『持ち運びできるあかり』を修理に出していました。
なんかねえ
ウンともスンとも光らなくなっちゃって。
そんで
こりゃもうどうしようもないかなあぁ
と思いつつもダメモトで修理見積もり出してました。
そしたら電話が
「修理できました」
「あ、はいっ、え、えと、おいくらですか?
 (変だな、見積もり頼んだのに・・)」
「無料です」
「ありがとうごせいますだっ」
エライなあ

つまり構想期間7年ってこと

はいっ
本日『blue cafe / V.A.』が無事発売となりました。
パンパカパ~ン。
全国のCDショップにてどうぞっ
そこに無かったら注文してみよう。
あ、アマゾンなんかのネットショップもいいかもね。
ジャケットは
blue cafe通算5枚全アナログをデザインしてきた
オカダさんです。
このジャケットの絵好きだなあ。
なんかせつないですね。
そのミラーボールはつまり月。
月明かりの下で踊るふたり。
しかし7年かあ

ちょっとインスタントラーメンの本を読んでたもんで

唐突ですが。
どんべいキツネウドンが好きです。
昔、ラジオ局に勤める女の子に
一日に一度
必ずどんべいを食べるという子がいました。
強者。
軽く引きましたが
と同時に妙に納得しました。
美味しいですもんね。
あれって西日本はコンブ出汁。
東日本はカツオ出汁なんですね。
日本のどの辺りが境界線なんでしょうね?
んんと、岐阜辺り?
いやなんとなくですが。
ところでそのラジオ局の女の子。
実は双子で
そのもうひとりもそのラジオ局に勤めていました。
あ、あれ、おんなじ顔が・・
とね。
びっくりした。
これホントの話。

あのCMわりと好き

夢で無性にドーナツを食べたい気持ちになった。
しかもミスド限定。
そこで目が覚める。
これは行かねばならない。
本当に自分がドーナツを今食べたいかどうか。
それはどうでもよい。
お告げは謙虚に頂戴いたします。
でも相手は昼間のミスドである。
男ひとり入って
ただドーナツを食べるというのは勇気がいる。
だから途中で本屋に立ち寄り
文庫本を手に入れてカモフラージュしてみる。
ボクはただ本を読む場所が欲しかったんです。
とそういうフリをする為だ。
うそつきめ。
というわけで
子供連れのママさん軍団に包囲されて
ドーナツを食べコーヒーを二杯飲む。
おかわりどうぞ。

ところで最初の60ってどうゆう意味あったっけ?

去年の今位。
同居人との会話。
「いやあぁ、間を取ってきたかぁ」
「そうだよね、2500なんてね」
「4000いって、1000に戻って
 2000と3000は既出だし」
「そう考えるとそこに収まるね」
「機能的にもサイズ的にも2500が妥当かあ
 でもこれからどうなるんだろうね」
「まあしばらくは新しいの出ないと思うけど
 間を取っていく戦法だろうね」
「そうだろうね」
「500とかも出たりして」
「1000よりも小さいの?」
「そう」
「ははは面白いけど無いだろうねえははは」
「で、電池で動いたりして」
「はははありえないありえない」
「はははは」
・・・。
出てんじゃん。