「口気持ち良くない」曲は。そして久留米へ。

このブログ→  http://www.scof75.com/studio75/?p=175865830 の続き。

ライヴでも頻繁に演るレパートリーの中で「口気持ち良くない」曲は『夕焼けの歌』です。

ライヴで歌ってるときも「なんだなんだ??」と段々舌先に苦味を感じてきて、『ビートの推進力』に助けられて、ようやくなんとか形を決められる。といった具合です。

そういう曲は他にもあるけれど、まあ、ライヴでは演らなくなる。

でもこの「口気持ちいい」「口気持ち良くない」はワタシの問題であって、曲そのものの「良い悪い」ではないのですよね。それはわかっている。よぉくわかっている。

***************

さてさて。8月18日。土曜日。
久留米のルスカフェでライヴです。

2018/08/18 (Sat)

Waver 波よせて Release Tour at Lus cafe (久留米)

●OPEN:19:00 –
●LIVE START:20:00 –

●Live:Small Circle of Friends

●ticket : ¥2500 (1d order)

前売/予約
info@scof75.com またはLus cafe 店頭・電話予約へ

件名に「SCOF 8/18 Lus cafe予約」
本文に「お名前(フルネーム)/人数/連絡先(電話)」
を明記の上、ご予約ください

返信メールで予約完了となります。
定員になり次第終了させていただきますのでご了承ください

約返信メールの受信拒否、または迷惑メールに
振り分けられる可能性がありますのでご注意ください。
●info : Lus cafe 080-8560-8823

・・・。何度目の『Lus Cafe』ライヴだろう。5回目くらいかな?もっとかな?。

いつもなにかしら事件、というか「トピック」があるルスカフェでのライヴ。今回は何が起こるのでしょうか。ちょっと期待してたりする。

https://scof75.wixsite.com/scof75

下関ライヴ。そして、「どこからこられたんですか?」。

8/11。下関。チポーラ。

3年連続3回目。可愛いナカムラファミリー。馴染みある人と近況話。はじめての人と「どこからこられたんですか?下関にお住まいですか?」ではじめる会話。…。

僕はこの「ライヴに来てくれたひとが何処に住んでいるのか?」「近所か、はたまた遠方からか?」「其処から此処までどのくらいの時間が掛かるのか?」。

それが気になる。知ったところでどうすることもないのだか、たまらなく知りたくなってしまう。

特に「なりわい」や「ねんれい」に興味はなく、短い会話の間にも、何かその人をイメージとして留めるきっかけ。それが「何処に住んでいるんですか?」。なのかもしれない。よくわからない。

ただ、どこにいてもいい自由。みたいなものは欲しい。常に。


チポーラビル。壁面にタマネギ。


一階にできた「喫茶 むぎまめ舎」のドーナツマークが入り口に。


おどりば。


2階、チポーラの入り口脇。


3階はミニシアターです。


『75clothes』ディスプレイ中のサツキさん。


ライヴ
も終わりすっかり夜。下関の歩道橋。

*************

今週土曜日。8月18日は久留米。ルスカフェ。

そして来週月曜日。8月20日は大分。Lang Disc。


大分市は何年ぶりなんだろ。正確な年月を知りたい・・。

*************

2018広島ライヴ。そして下関へ。

広島『nandi』でのライヴ。去年に続いて2度目。やはり一度目よりも、二度目の方が「場」に馴染める。


nandi外観。


セッティングしました。


部屋の奥から。


nandiのカウンターからキッチンのぞむ。そしてヒラハラさん。


小窓越しにサツキさん。


ライヴおわりました。片付けをして、さあ、nandiのカレーいただきます。美味しい……。

ずっと座ってのライヴだったけど、途中立ちたくて立ちたくてしょうがなかった。…立てば良かったよ…。

*************

さてさて・・
8月11日。下関。チポーラ。
ライヴ & 75clothes

15時オープン。
16時ライヴスタート。

ad:2500(1d order)
door:3000(1d order)

cippola:080-227-4811

ナカムラ3人娘。アキナさん、ハナさん、サトさん。
会えるのを楽しみにして、オヤスミナサイ・・。

***********************

大牟田から広島、そして下関へ。

昨日。8/8。大牟田。『nei』。
今年で3回目。今回やっとneiに溶け込めたような気がします。
ありがとう。マドカさん。リョースケくん。


長い入り口。


今回はココでライヴしました。


Small Circle Of Friends


2年前、最初のneiライヴはココがステージ。


夜になって。


チエミサラのキャンドルも灯って。

**********************

さぁっ。明日。8/10は広島です。場所はお馴染み『nandi』。カレー…我々
ライヴが終わったら食べます。「カレー食べたい力」でライヴします。

https://www.facebook.com/events/202650293772042/

あ〜新しい『Shamrock』に行ける。ドイさんもシャムロックで展覧会中。
ハラダさん、ヤマシタさん、カンドリさん、ヒラハラさん、そしてドイさんに会えるんだな。1年ぶりに。

**************************

そして明後日。8/11は下関『チポーラ』。チポーラも3年連続3回目。


https://www.facebook.com/events/1463101543835438/

可愛いナカムラファミリーに今年も会えます。
『75clothes exhibition』も開催。

2018年夏、佐賀から大牟田へ。そして「口気持ちいい」のはなし。

佐賀キングキッチンでのライヴとても楽しかったです。馴染みのメンツで常にリラックス。ライヴの前半と後半で、同じ曲をするのも、アノ曲だけじゃなくて、ユータくんのリクエストでソノ曲も2回歌いました。こんな事もうないかもねん。

*************

明日8/8は大牟田の『nei』です。緑に囲まれたロケーション最高です。

3年連続3回目。毎回ライヴをする「場所」を変えて。1回目は外の木陰でやったなぁ…。今年はどこで演るのかな。

チエミサラさんのキャンドルを静かにワクワクしている…。

そしてzerokichiさんのライヴを聴くのも久しぶりで楽しみです。

『75clothes exhibition』も18:00から行います。

http://www.75clothes.com/

で、スモサライヴは20時から。

*************

歌詞を書いていると、言葉を選ぶうえでの判断基準として「口気持ちいい」か否か?というのがある。

この「口気持ちいい」というのは、僕とサツキさんとの制作のやり取りでよく使われる言葉だが、大体の感じはわかってもらえると思う。

つまり、「音楽に乗せる、もしくは音楽に成る言葉としてスムーズか、どうか?」である。スムーズであれば「口気持ちいい」。

そこには、「うまく小節ごとに韻が着地している」。だけではなくて、大きく、例えば4小節、または8小節で、言葉が「流れているか」が重要だと思っていて、それを常にチェックしながら曲を作っている。

ただ、その「スムーズ」「流れる」といった要素だけを求めていくと、「ひっかかり」の無い言葉だけを選んでいるのではないか?と心配する事も多い。

自分にとっての心地良さ、「口気持ち良さ」だけを求めるがゆえに、聴いていて「言葉が言葉に聴こえないのではないか?」というところだ。

僕自身としても理想は言葉が音楽の一部である方がは好ましい。あくまでも「音楽」でありたいと思っている。しかし、耳に残る、とか引っかかりを持つ、ためには、「口気持ちいい」ことだけが正解ではないのかもなぁ・・・と、思う。

で、スモールサークルオブフレンズの曲の中でも、そんなに「口気持ち良くない」、けれど、ライブのレパートリーとして頻繁に歌っている曲がある。

それは……つづく。

ツアー前の過ごし方。夏のツアーへ。

はい、最初に『波よせて特設サイト』を。
https://scof75.wixsite.com/scof75

気分としては8月3日の渋谷ファミリー『MANDRILL』から「スモサの2018年夏ツアー」がはじまっていて、そこから九州中心に西日本をまわるのですが、やはりツアー、、というか旅の前はどうも落ち着かないです。

あれはやっといた方が良いな、、、いや旅先でも出来るかな、、、とか言って結局出来ないもんだよな、、なるべく荷物軽くしたいな(この時参照)、、でもこの間の会津、盛岡、いわきの東北ツアーの時はTシャツ、靴下、足りなくなって困ったよな、、旅に出るとあんまりお酒飲めなくなるから(錯覚)今のうちに飲んでおこうかな(意味不明)、、ああ1年ぶりにアノ人に会えるんだな(感慨)、、大分市でのライヴは久しぶりだな(8月20日)、、四国ライヴは初めてだっ(興奮)、、、、、、、お腹すいた、、。

その他いろいろ感情がぐるぐる渦巻いている。

ライヴの曲目もちょっと変えようかと、スモサの音源遡って聴いてみたりして、よくこんな曲作ったな、と驚いたり賞賛したり、逆にナンジャコリャと落胆したりでとにかく忙しいです。気持ちが。

8/3 渋谷・ファミリー
8/5 佐賀・キングキッチン
8/8 大牟田・ネイ
8/10 広島・ナンディ
8/11 下関・チポーラ
8/18 久留米・ルスカフェ
8/20 大分・ランディスク
8/24 愛媛・どうごや
8/25 高知・バーモザイク
8/26 徳島・14g

ですね。詳しくはLive Infoで。

まずは8/3のファミリーと

8/5の佐賀King Kitchenをめざして。

佐賀のキングキッチンは初ライヴです。
お店にはよく行ってるし、ナイスタイムの雨天中止の時一曲歌ったり、DJしたりはあるけれど、「Small Circle of Friendsのライヴ」としては”初”です。

出演する人たちも、ぜ〜いんっ(全員)良く知っているメンバーです。佐世保からセイヤさんも来るしっ。

集中してライヴしよう。
そして
今回のツアーではいつもより写真を撮ることに気をくばること。いつも全然撮ってないから・・。

他人は何を食べているのか。阿佐ヶ谷へライヴをしに。

時間が空くとついついインスタグラムを開いて、サササササッとスクロール。一番に興味を惹くのは「食べ物」の写真で、ヒトが何を食べているのかが気になります。その次が「居酒屋的な」写真で、そのまた次は「他人のスタジオ」の様子。

普段東京に居る時、食べ歩きみたいなことをしないので、他人がラーメン屋さんや蕎麦屋さんやカレー屋さんとかをあげてると、そこでスクロール一旦停止。30秒ほどジッと眺めて、次なる美味しそうなものを求めてスクロール再開。

そして、自分がライヴツアーに出ると、いろんな場所のいろんな美味しいもの、連れて行ってもらったり、勘でお店に入ったり、今回だと「たまねぎシェフ」に作ってもらったり、するので鼻息荒くストーリーズの撮影にいそしむでした。

********************************

今回、尾道、新山口駅、周南でポップアップショップ。僕も所謂物販担当でお手伝い。


周南『日日』でスペースの一角をこじんまりと『75商店』に。
・・・。
・・・・。
・・これって、”SCOF Shop“を可視化した様子だよな・・。
お店に商品並べて、ボーっとお客さんが来るのを待ってる、の図。

****************************

7月1日。久しぶりの東京でのライヴ。

2018.7.1 (sun)@阿佐ヶ谷TABASA
「波よせて -waver- リリースツアー」
OPEN 14:30
CHARGE:2,000yen(要1drink order)

LIVE:Small Circle Of Friends
DJ:小川郁夫(3rd Corner)

FOOD:ANOMA

予約 : asagayatabasa@gmail.com(高原)

阿佐ヶ谷TABASA
〒166-0001
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-13-18-202

*******************

阿佐ヶ谷の『TABASA』というところ。

サンデーアフタヌーンですね。
最近日曜の早い時間からのイベントが多いです。
良いと思います。

そして、明日6/20水曜日は渋谷バーミュージック『暮らしの手帖』。
淡々と粛々と音楽かけます。

*******************

散らかり具合。そして京都、姫路ライヴへ。

片付けられないわけではないのだが、今作業机の上がごちゃごちゃしている。なにかのメモ、レシート、ボールペン、セロテープ、鍵、イヤホン、アイファン、小銭、シール……。

それらをかきわけるとコンピュータとmidi キーボードが現れる。作業する。

決して乱雑な方が落ち着く、とかではないが特に気にならない。

不思議だ。部屋が散らかってるのが我慢ならない時もあれば、どうしたって平気な時がある。

どちらが心持ち落ち着いているかといえば、おそらく後者だ。

************

今週の土曜日は京都でライヴ です。

よたび(4たび)グリコのスクリーンと共演。そして下村さんとのトークタイムも。

2018.6.2(土)Small Circle of Friends『 TOUR 波よせて -waver- 2018 』@ きんせ旅館(京都)

18:00 open / 19:00 start

MUSIC CHARGE 前売り 3,000yen (要 drink order)

【LIVE & TALK】Small Circle of Friends

【Music select】「グリコのスクリーン」vol.52「HOTEL FILM」~宿泊施設を舞台とした作品編~

【FOOD】 むんと食堂

Supported by 飛2、SINGHA BEER
[前売ご予約・お問い合わせ]
きんせ旅館 : 075-351-4781
メールでのご予約も受け付けています。
ご予約はこちらから → kinseinn@gmail.com

https://www.facebook.com/events/438641346586955/?ti=icl

たのしみです。下村さんに「京都の音楽界隈」について質問したい。逆に。

******×******

そして、その次の日、6月3日、日曜日は…姫路。

DJ Rigoくん、とチカ先生が「studio limbs」から新たに作り出したスペース『Adore』にて。いつもの皆んなが待ってくれている。それだけで嬉しい…。

TOUR 波よせて -waver- 2018
venue: 姫路 studio Limbs -adore-
【Waver at adore】

6/3(日)
14:00〜24:00
live 21:00〜

料金: 3000円w1d / 高校生以下無料
16時まで入場500円OFF: 2500円w1d
※再入場できます

▶︎Special ︎Guest Live
Small Circle of Friends

▶︎Guest DJ
まおち (from 黄昏サウンドクラブ)

▶︎Spot Live
MC GLARE
Sophie TOMOKO

▶︎DJs
JUN (VILE)
smokyee (Bounce)
KIYOSHI URANO (生SOUL)
Shinya☆sta (大人のHIPHOP独り言)
TAKASHI (Loooooooop!)
MATSUMOTO (虹色アパートメント)
&
DJ RIGO (Small Circle of Friends)

▶︎VJs
870 (Studio Coup)
TAKANE (春夏秋冬)
NISHI YUTAKA

https://www.facebook.com/events/277625289444123/?ti=icl

『Adore』に行けるのが気分盛り上がるし、ライヴもリゴくんとバッチリジックリ演るつもりです。

荷物の問題。そして、鹿屋、鹿児島、周南ライヴへ。

ライヴに出かけること。イコール、荷物。である。

一泊ならば、まあ楽勝。二泊でも余裕余裕。

しかし一週間、もしくはそれ以上になると、荷物、荷物、考えることは、「荷物」である。

運ぶものは、ライヴ機材。CDやTシャツ、その他諸々のいわゆる物販。ライヴ時に着るものも含めた着替え類。歯ブラシやら洗顔、シャンプー、化粧水、乳液、爪切り、髭剃り、、、ちっ・・。あとはコンピュータやmidiキーボードなど。書いているだけで疲れる。

いったいどのくらいの量、そしていざという時に必要なもの、を持っていくべきか否か。出かける前にはいつも悩むし、大概予想ははずれる。今回もまず着替えを多く持ってきすぎた。パンツ一つ、靴下一足。そのくらいなら「たいした容積ではない」という考えのもと、ポイポイっとカバンに入れてしまう。しかし、その「たいした容積ではない」ものが増えていくと、それはもう「たいしたことありすぎだよバカヤロ」に簡単になりやがるのです。

今回持っていくかどうか迷ったのは、ヘッドホン。とmidiキーボード。旅先でもコンピュータがあれば作業できる。と思いきや疲れ切ってやる気がおきない。もしくはそんな時間はない。なのですが、持ってきといて良かった。今回に限っては当たりでした。難しい。予想は難しい。

最近では、ある程度は輸送に頼るようになって、ツアーの最初の場所に前もって送らせてもらったり、ライヴが全て終われば機材や着替えを中心に先に輸送してしまう。行き帰りが少し楽チンになる。それでもツアー中、あちらからこちらへ、こちらからあちらへ。ゴロゴロ。ズルズル。引きづりながら移動。電車に乗ってても、ゴハンを食べてても、頭の片隅には、いつも、荷物。

だから、気分が開放されて、しかも一番リラックスしているのは、ライヴをしている時。

*********************

よしっ、気分良くライヴ行ってみよう。

明日、鹿屋
明後日、鹿児島

そして来週。5月15日は周南『シネマパラノイア』

ライキくんをはじめ山口の皆さんにはじめて会った場所。
『シネマパラノイア』。
何度もライヴしたことあるのに
なんと10年ぶりなんですって。
スゴイ。

★2018/05/15(TUE)
「波よせて – waver リリースツアー」
Small Circle of Friends LIVE & scof75 shop
at CINEMA PARANOIA (周南)

●LIVE: Small Circle of Friends
●物販: waver pop-up shop

●OPEN: 18:00
●LIVE START: 19:00頃

●ticket : 予約:2500円+1drink order PLEASE.
当日:3000円+1drink order PLEASE.

●info: CINEMA PARANOIA
山口県周南市新町2丁目29 PHビル2F
0834-21-2435(注:19時頃からOPEN 日曜休み)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【チケット予約】下記にて予約受付中です。
■CINEMA PARANOIA店頭■
■電話予約■
0834-21-2435(注:19時頃からOPEN 日曜休み)

■メール予約■
タイトルへ「waver0515周南予約」
本文へ「お名前」「枚数」「電話番号」
をご記入のうえ、下記アドレスへご送付ください。
hasuoraiki75@gmail.com
予約受付を完了した旨、メールにてご返信致します。

************************

鹿屋、鹿児島、そして周南。
ワタシの「荷物」から開放された姿をゼヒ。

福岡waver pop-up shop 終わる。 波よせてツアー鹿児島へ。

福岡。manu coffee クジラ店waver pop-up shop』終了しました。
ありがとうございました。

 

この『SCOF 刺繍オリジナルマーク Tシャツ』。
diti モリモリくんとのエクスクルーシブです。
欲しい・・。
これはサンプルなので続報を待つ・・。



5日間薬院駅の裏路地に通う。途中ライヴもして。いろんなヒトに会って。コーヒー飲んで。BGMとして『Over Your Shoulder』を繰り返し聴いて。いろんなヒトと話をして。またコーヒー飲んで。なんだかいろいろ考えることができました。

***********************

さあて、次は鹿児島県でライヴを2本。すげー。

5月12日の鹿屋。ツチヤさんリクエストで、特別にSTUDIO75 Live Set もします。

「波よせて – waver リリースツアー」MUSIC BASE labo – 僕たちはこの街を変えることができない。
at Cafe&bar Balearica (鹿屋)

●OPEN:20:00-

●Live: Small Circle of Friends & STUDIO75

●DJ : SHU
H△ma a.k.a Fumi
TAKESHI
HIROSHI
tsuchiya kouji ( 土屋耕二)

●Shop: 『波よせて – waver』7インチ・レコードをはじめ、
「波よせて」のアイコンをgoods & clothesで展示販売いたします。
アナログはもちろん、初の『波よせて』Tシャツ
最新AL 「Over Your Shoulde」も!

●ticket : ad ¥2000( 1D) /

●info: Cafe&bar Balearica 0994-45-5653

*****************

そして5月13日は鹿児島市内。ケイティくんをはじめ「otov」の皆さんよろしくーです。

TUOR 波よせて- waver-2018 in kagoshima

■2018.05.13(sun)

@recife & TEREZA

■TIME 15:00〜21:00

□special guest LIVE
Small Circle of Friends

□guest LIVE
コジマサトコ

□DJs
k;tea / 濱田 隆文 / Harvey / Aki / Iwakiri Yushi /
Akiomi / GOL

もちろんShopもします。





鹿児島のみなさん2日間よろしくお願いします。

*********************


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)