STUDIO75 _ Over Your Shoulder _ Equipment _ 3

『Over Your Shoulder』制作で使用した機材。続きの続き。

シンセ・キーボード類に関しては「Land of Eardrumの頃」と大差なし。
逆に以前頻繁に使っていた『Moog Little Phatty』を全く触ることがなくなった。

よく使ったのはRoland 『SH-101』『αJuno1』。そしてハカセくんから借りている『MC-202』。

ベースはほとんど『MC-202』。イメージでSH-101とMC-202は同じ音と思っていたのだけど、ちょっと違うのですね。経年劣化とかもあるのかな。SNの違いか。
ベースとして使う場合はSUB OSCを使わずにワンオシレーターで鳴らす。

『Over Your Shoulder』のほぼ全部の曲でこの3つが鳴っている。エフェクト音とかもこれらで作っているし。ある曲のキックはSH-101だし。

他に良く使ったのは『Casiotone MT-65』。

アコーディオン・・というかハーモニウム的な音はこれで出している。そんなに特筆すべき音ではないけれど、よく馴染む。曲に溶け込む。使いやすい。リズムマシンも良い音(SCOFの「暮らしの手帖」「Summer Song」冒頭の音)。電池でも動くからゴロゴロ寝ながら弾ける。
大好きなキーボードです。

『Over Your Shoulder』制作後にKorgのVolca Keysや、Critter & GuitariのPocket Piano等を買ったので、今それらをアレコレ試しているだが、上記のローランドの3つとカシオトーンはこれからも頻繁に使うと思う。なぜなら「慣れている」から。

慣れって大事。

続く。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

STUDIO75 _ Over Your Shoulder _ Equipment _ 2

『Over Your Shoulder』制作で使った機材について。続き。

オーディオインターフェースはUAD『Apollo twin』。

おそらく2014年の年末に買ったんだと思う。
この前に使っていたm-audioのFireWire仕様のAudio I/Oが調子悪くなった時、DJ Oni さん から教えて貰って決めました。・・ヘッドホンの買う時もOniさんの情報を参考にした。

UADはプラグインエフェクトが良くてほんとは沢山欲しいのだけれど、沢山使うには沢山の「UAD dsp パワー(合ってる?)」が必要なので基本的なものをおさえている感じだ。・・これもOniさん情報を参考に・・。

この『Apollo twin』はスペック的にラックマウントの8/8 I/Oには劣るのだけれど、持ち運べるのが良いです。あと録音のマイクプリで悩むことも減りました。

そうだ。これは当時まだ楽器屋に居た130beats経由で購入。イサオくんとはmetrockrideで一緒。

コンピュータはMacBook Proの2012年中期のモデル。所謂2012mid。

もうだいぶ古い型、ということになるが、これは最近中古で購入。これの前に使っていた2011earlyを2台経てハードディスクのそのまま載せ替えて使っている。

たぶん自力でハードディスクやメモリーの交換が出来るのはこのモデルまでの筈。そこが良い。dvdドライヴもまだ付いているし。firewireも残っている。

でも、今後のosやら、ソフトのアップデートのことを考えるとそろそろ新しいのに買い替えなくてはいけないのかな。よくわからない。わからないがあと一年くらいはこのマックブックで保って欲しい。

Pro Toolsを使うのに、テンキーは必須。これも10年以上使っている。

続く。

STUDIO75 _ musicaanossa


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

 

STUDIO75 _ Over Your Shoulder _ Equipment _ 1

『Over Your Shoulder』制作で使った機材について。

DAWは『Pro Tools』。現在のバージョンは12。

もう10年くらいプロツールスを使っているが、これに関して良いのか悪いのか、特になんとも思わない。ただ慣れているから使っているし、現状不満がない。という事はこれで良い、という事でしょう。

2年前位に一ヶ月ほどAbletonのデモを試したが、結局よくわからないままでおわった・・。根気が無いのか、はなからやる気がないのか。おそらくどこか必要ないもんね、という気持ちがあるからだろう。切羽詰まってたらさすがに使い方を覚えると思う。

ただ『Pro Tools』に関しては、mpcを制作で使うのをストップした事で、MIDIシーケンスもプロツールス上で行うようになった。長年使い慣れたmpcに比べると、ワンタッチツータッチ、回り道をする操作感があるが、単純に「演奏を記録する」という事であれば、それほど問題ではない。
あとはヘタなりにリアルタイムで弾いたものを後でオーディオエディットする事が多い。

mpcの代わりに4年前から使いはじめたFxpansion社の『Geist』。

mpcを制作で使うのをやめた理由は制作環境を「ミニマルにしたかったから」。それだけである。20年近くmpcシリーズを使ってきたが「思い入れ」は特にない。そもそもデジタルサンプラーの音の違いはあまり気にしない。そこにこだわるより機材テーブルは広く使いたい。

ただ、mpcに出来て、『Geist』で出来ない事はいっぱいある。でもそれはそれでなんとかなっている。

続く。


STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

Over Your Shoulder _ セルフライナーノーツ

STUDIO75 _ Over Your Shoulder

前作の『Land of Eardrum』のリリースが2012年の春。その頃から『Over Your Shoulder』の収録曲(ビートやトラックではなく敢えて”ソング”という)は作られていった。次々に。

我々はすごく焦っていた。『Land of Eardrum』には一定の満足感はあったが(特にサクラダさんがデザインしたフクロウジャケットは素晴らしい・・)、我々は物足りない気分に陥っていた。何かどこか当たり前のように作ってしまった気がして、その居心地が悪さに戸惑い、同じところをぐるぐると回っている、もしくは入り口でうろうろしている心持ちになっていた。

自分たちが”進化”してないような気がする事。それはただただストレスだ。

こんなはずじゃなかった、という思いが我々の制作欲を駆り立てていた。今一度、レコード棚、PCのハードディスク、自分たちの頭の中、其処彼処にある音楽を聴き返し、膨大な量の取捨選択を繰り返した。その結果、大量のレコードが中古レコード店の買取にまわされ、ハードディスクの空き容量は増え、混乱したままになっていた思考も若干すっきりした。

そこへ今度は、今まで存在を知っていながらも、ちゃんと聴くことのなかった音楽と向き合い、レコードを買い込み、またネット上に次々に生まれ現れる音楽をチェックする。その中には、のめり込んで深く聴き込むものもあれば、三日間だけ気に入った(気になった)もの、一瞬で見切ったモノ。様々だったが、そういう行為がそのまま”新しいSTUDIO75”の礎となっていた。積極的に吸収し、積極的に捨てていった。

そんな日々のなかで、「基準」「客観性」「クオリティーコントロール」。我々が必要としているものを、渋谷にある”Bar Music”に求めた。

2ヶ月に1度行われる『暮らしの手帖 at BarMusic』に於いて、まずは今気になっているレコードを掛け、場の空気にうまく馴染んでいるかどうかを見計らい、その合間合間に今制作中の『STUDIO75の曲』を織り交ぜ、更に今の自分たちの興味と実際に作り出しているものが乖離していないか確認する。それから店主・ナカムラトモアキ氏の反応を待つ。あくまでもさりげなく。

ナカムラ氏は必ず聴いている。たとえその時お酒をサーブしたり、コーヒーをドリップしていても、耳だけは常に音に向けられ、注意深く吟味している。だから『制作中のSTUDIO75の曲』を掛けていれば、彼はすぐに顔をあげて、こちらを見る。可能であれば何かしら言葉を掛けてくる。

そうしたことを1、2年続けたのち、ナカムラ氏からこう提案された。
「新しい”STUDIO75”のアルバムをムジカノッサ(MUSICAÄNOSSA)からリリースしませんか?」
我々にとって歓迎すべきことだった。そしてそれはとても自然な成り行きだと皆んなが思った。なぜなら『暮らしの手帖 at BarMusic』で培養された音に違いなかったからだ。

かくしてナカムラ氏に30余りの曲を渡した。彼はそこから15曲を選び、曲順を決める。それからは多少のミックスダウン、マスタリングの作業を施したが、ほぼそのままを完成とした。悩むこともなく、既に完成していると判断した。ミックスはアレンジと共に、マスタリングはミックスと共に・・。

今我々はナカムラ氏と共に深い満足感の中にいる。自然と笑みがこぼれるし、何度でも繰り返し『Over Your Shoulder』を聴いている。聴いてもらう人すべてに感謝する。聴いた人すべてに気にいってもらいたいと願う。

と、同時に我々はアナタを見ていない。アナタの肩越しに「その向こう」を見ている。

STUDIO75 _ Over Your Shoulder (buy)

7月の”Silence Tour”、とカレー。 #scof75

「ん〜梅雨のせいかなぁやぱっり〜・・。
なんだかね〜身体がだるいのよ〜・・。」

言い訳しながら惰眠を貪る日々です。

渋谷『スタジオ』から始まった、7月の”Silence Tour”。

7/9。
広島への新幹線に乗る時こそワチャワチャとしてしまいましたが、
広島に着けば懐かしい同級生にあった気分で
楽しい時間を過ごせたのでした。
リラックスしていましたよ。
13612369_10154467223239781_6561696363830219371_n
広島”Silence Tour” at 『音楽食堂ondo』
写真いっぱい。

シャムロックの原田さんがヘアアレンジメント。
それを真剣に見る菅沼さん鹿島さん。
th_IMG_1729

この日誕生日だったワタシは
ライヴ中ドライフラワーの花束いただきました。
th_IMG_1740

かっこいい・・これ以上枯れないし・・。
部屋に飾ってます。

7/10
翌日は周南へ。
駅でまたもやワチャワチャしてしまいましたが
Lequelの山下さんの助けもあり
13872480_1071484236238594_1790329511_n
なんとか新幹線に乗り込みました。

ありがとうございましたぁ〜広島の皆さんっ。
13669680_10154467222124781_7701929312671290070_n

さて徳山駅に着いてヤマモンのクルマで
どんどん山深く入っていけば
そこは緑眩しい蓮尾家(蓮の湯)。
なんだろう・・良く知ってる光景・・。
また来たよ〜。
カシマさんとスガヌマさん連れてきたよ〜。
7/10周南蓮の湯の写真アルバム

緑、緑、緑、ソーメン、緑、緑・・。

サプライズのケーキ2つ。
th_IMG_1752

th_IMG_1753

ライヴ終わったぁ。
13731705_10154490552309781_4748281616591427243_n

その日の夜の宴会では
ワタシは早々に酔っ払ってしまって
ほぼ記憶にないのです。
・・だいじょうぶだったかな・・。

次の日から2泊は蓮尾家で
恒例「スモサの夏休み」堪能。
サツキさんがガラス工芸をしたり
13672149_1071496182904066_271201061_n

「くうかい」のおうどん食べたり
13672418_1071496279570723_17372783_n

あとはゴロ〜ゴロ、ゴロ〜ゴロ。
居候風情で過ごす。
すいません、アヤさん、リキさん・・。

ライキくんには
また8月の下関、大牟田のライヴでお世話になるので
引き続きよろしくねん。

7/15
福岡の『STEREO side-B』にて
4619194_XLxNf2_Bj817Dv1poWzOkLYN6NPTnDbQhq9qbgHNYls
サヨコさん、アヤノさん、タベちゃんの
「リスタート(?)お祝いパーティー」に出演。

Coltecoも一緒でしたぁ。
13654215_10154315767703544_1708003825736795957_n
終演後、先に帰ったSato Beatsを演じるコダマくん・・。

うちあげはえらく様子が変わった「ふとっぱら」へ。
13680816_1051850638230385_4625234422824981176_n

7/16
4年ぶりらしいけどそんな感じのしない宮崎。
th_IMG_1941

ミナトくんの人柄かなぁ〜気楽です。

『Atelier 一条』にて。
大人たちが吠えまくるライヴ。
13716039_10205349382247723_8103532460445685875_n

次のDJの準備をするヤナイさん。
13718533_10205349381367701_7415579014466730324_n

次はもう少しインターバル短めで来たいと思います。

7/17
一年に一度はライヴやってる久留米『Lus Cafe』。
今年から光安さんのことを
ぼくも「コージさんっ」とよぶようになりました。
キャッ。
13782249_10154495916869781_5983611901256771725_n

7/17『Lus Cafe』ライヴのアルバム

いやぁ〜いろんな事があったなぁ・・。
ライヴ2時間前からずっと冷や汗かいてたなぁ・・。
でも結果オーライ。
最後はアノ曲をもう一度歌いました。
Lusスペシャル。

で、7/28今夜はこれから渋谷CocoonでSCOF4です。
機材どこまで広がってセッティングする事になるのだろ。
そして4階の階段はどれだけダメージをもたらすか。
乞うご期待。

7月の旅のあいだ、カレーを食べる機会が多くて
なんだろう「カレー期」に入ったかもしれないオレ。

広島のnandiのカレーにはじまり
t02200147_0360024011103418125
(写真撮ってなくてnandiさんのHPから借りる・・)

山口のオニオン座。
th_IMG_1907

久留米Lus Cafeの焼きカレー。
th_IMG_1948

と翌日に食べたLus野菜カレー。
th_IMG_1958

福岡のtreneのカレー。
th_IMG_1972

う〜ん・・どれも美味い。

**********************

Small Circle of Friends の New Album『Silense』。
コチラで購入できます。
オマケは75recordsシール。
75shop

SCOF-001_SCOF_Silence

**********************

th_IMG_1980
福岡Stereo Coffee

Silence Tour がはじまる。 #scof75

夏ですね。
やっぱりどうでしょう
ここはビールでプハーッ!でしょうか。
・・・。
いや、最初のコップ一杯目の
「プハーッ」は捨てがたいところだが
また最近「カラダが欲している酒」具合が変って
日本酒しか要らない。
もしくはキンキンに冷えた白ワイン。
どうでもいい話。

昨日、7月6日渋谷『スタジオ』から
Silence Tour はじまりました。

th_Silence_fly_160623

まだこれから増えそうです。
あとDJ RIGOと一緒の「SCOF3」で演るところもあります。
なので
このフライヤーも近いうちにまた更新される事でしょう。

さて
明後日、7月9日は広島でSCOF4です。
13453222_1129103597153766_1165093518_o
13446077_1129103610487098_1117869307_o

そしてココ
SCOF4 at 音楽食堂 ondo (広島)

・・・なんでしょう。
広島の皆さんの愛包まれる(おおげさです)というか
なにか3年前からこの日を準備していた(おおげさです)ような
そんな気分になるのです。
簡単にいえば
「すごく楽しみっっ・・きゃっ・・」
・・・。

そして
その次の日、7月10日周南蓮の湯でSCOF4。
13263895_10154319794929781_1596134067491039146_n

ココ
SCOF4 at 蓮の湯(山口・周南)

・・・なんでしょう。
4年連続の蓮の湯なのですが
いつも以上に今回は危ない匂いがします(おおげさではない)。
というか既に酒の香りがしてきます(おおげさではない)。
流しソーメン??・・なぜっ??
そんな不思議な気分にもなるのです。
簡単にいえば
「すごく怖い・・」
・・・。

まあでも楽しみだな〜・・。

**********************

Small Circle of Friends の New Album『Silense』。
コチラで購入できます。
オマケは75recordsシールですよ。
白かネイビーお好きな色を書いてくださいね。
75shop

SCOF-001_SCOF_Silence

iTunesでももちろん。
Silence iTunes

**********************

とりあえずの目標は
「広島行きの新幹線に乗り遅れない」です。

行ってきます。

IMG_1693

サクラダさんが考える『Silence』。 #scof75

アルバムをリリースするたびに
それぞれに何かしらの作業上(事務作業含む)の
トピックがあるものです。
しかし
今回こそはSCOFリリース史上
「はじめて」な事が重なっていて
それこそ震えがくる程なのですが
それもいつしか逆に笑えてきたりして
二番目に好物のラッキョウの塩漬けを食べたりして
つまり
楽しい日々を送っています。

『Silence』ジャケ・・。
SCOF-001_SCOF_Silence

毎アルバム、
サクラダさんからジャケットが送られてくると
「あぁ、完成したんだ。」
と実感します。
そして
「そうか、こういうアルバムなのか」

はじめてそこで客観的になる事ができます。

今回は特にずっと眺めていたい気持ちになってしまって
気づけば何もせぬまま一時間くらい経っている。

**********************

アルバム『Silence』。
今回も特典付き先行予約を受け付けています。
scof news

予約はコチラで。
メールタイトルに「Silence予約の件」・・的なことを
書いていただいて

*ご住所
*お名前
*お電話番号
*枚数


お願いします。

さて
特典
なんでしょね?

**********************

新しい人・・このSoundCloudにあげてるバージョン。
本チャンじゃなくてプリマスタリング時のものですね。
でもそのままにしています。
6/15になったらCDと聴き比べてくださいね。

・・・・。
・・っても、サウンドクラウド自体で結構音変わっちゃうんだけどね・・。
・・・とか言ってたらキリ無いんだけどね。
再生環境が一番影響するんだけどね。

話は飛躍するけど
CD、データよりレコードの方が音が良いって
言われる場面が
結構あるのだけれど
それは
レコード用のマスタリングが巧くいって
レコードのカッティングが成功して
レコードのプレスが恙無く行われた
場合のみ当てはまる事ですよね。
・・再生環境についてはちょとおいといて・・。

今までの自分達の経験でも
レコード制作に関していえば
「やったぁ!」と「う〜ん」の半々。
50パーセントの確率の「賭け」みたいなものだと実感してます。

その「賭け」には
今回も
挑もう

思ってますけど。

*********************

めずらしく
ワタシの写真を載せます。
IMG_1347
撮影は
サクラダタオさん(4才)です。

********************

好物の一番目は
やはり「島らっきょう」です。

75records の事。 #scof75

 

IMG_1206
Small Circle of Friends 11th Album 『Silence』。
リリースは
新しいレーベル『75records』から。

因みに『Silence』の商品番号は「SCOF-001」。
わかりやすいっ。

ネット、CD、レコード交えて
半年に1タイトルのサイクルでリリースできれば良いな。
と考えている。

Bandcampのシリーズも
そろそろまた始めたい。

ライヴもしたい。

したい事だらけだ。

アルバム『Silence』から公開2曲目
『サマーソング』をドゾっ。

パーティーとDJとラジオ。 #scof75

ようやく風邪が治りました。
・・・。
ちょっとだけ咳してるけど。
右耳が詰まっているけど。
治ったと言ってよいでしょう(自分調べ)。

さて
5月5日は
テッシーさんのお店、祐天寺にある『Apt.』の一周年パーティーでライヴです。

12998646_10154250331849781_9180149066902412903_n

6日間もやるんだなぁ・・パーティー。
SCOFライヴ at Apt. 2016.5.5.

そして
5月8日は
姫路で『Blue Cafe』です。
鈴木さんの本の出版記念パーティー。

13103298_10154271130649781_1020893438225575529_n
12825380_985639284824453_1155861444_n

ん〜とですねぇ。
オルガンバーの『マルシェ』を抜けた時には
もう所謂クラブでDJする事もないだろうなぁ

Bar Music でだけでいいかなぁ

思っていたのです。

だから久しぶりに
・・なんというか
「繋ぎ」とか「カットイン」とかを
気にするDJをするわけです。

た〜のし〜み〜

Premium Cuts scrapbook RECORD HOUR 出版記念 Blue Cafe 2016 姫路

**********************************

SCOFのラジオが更新されてます。
ラジオスタジオナナーゴー109回目

ワタクシ渾身の「ガラガラ声」。
お聴きください。

radiostudio75vol109

*****************